医療レーザー脱毛と光脱毛の原理は同じ

医療レーザー脱毛とエステサロンで行っている光脱毛はどのように違うのかが分かりにくく、どちらの方が良いのかは初めて脱毛しようとする人がよく疑問に思う事の一つとなっています。

医療レーザー脱毛はレーザーを体毛に照射し、それに対して光脱毛の場合は脱毛専用の光を照射しているのですが、どちらも光を用いていて基本的な原理は全く同じとなっています。



その原理について説明をします。
光は波長によって性質が異なり、体毛に含まれているメラニン色素が光に対して反応し、肌は反応しないように調整されているのです。

メラニンに光が当たるとそのエネルギーを吸収して発熱します。

新宿の医療レーザー脱毛の関連情報がご覧になれます。

その熱が毛根部分の毛の細胞に伝わる事で細胞を破壊するのです。

@niftyニュース情報を調べるならこのサイトです。

それではこの二つの違いは、単に病院で行うかエステサロンで行うのかの違いなのかというと、それだけでは無いです。簡単に違いについて述べると、医療レーザー脱毛の方が効果が高いのです。
同じ回数を行った場合は医療レーザー脱毛の方が脱毛効果が現れやすく、その分だけ施術を行う回数が少なくて済むので通わなければならない期間も少なくて済む傾向があるのです。

その他にも病院とエステサロンには違いがあるので、これだけで病院の方が良いとは限らないですが、脱毛するために通う以上は効果が高いかどうかの違いというのは比較する際に重要である事は間違いないです。


脱毛する際に医療レーザー脱毛と光脱毛のどちらの方が良いのかを検討する際には、この事は知っておいた方が良いです。